休日の料理。



  レシピ   …  暮しの手帖 75 春 2015 より
今日は一日お休みでした^^
ちょっと買い物に出かけたけど、本当にのんびり出来た一日でした。
のんびりというか、だらだら、ぐうたらというか…? 
洗濯物も片付けてないし、酷い部屋だけど、録りだめしていた番組を見たり、最近買ったCDを繰り返し聴いたり^^
こういう時間が一番シアワセだ。

ここ暫くは忙しくて、手抜きなご飯しか作っていなかったのだけど、時間と心にゆとりがあれば、作ったことないおかずの一つも作ってみようかとも思えてきます。
愛読書の暮しの手帖のお料理を一品作ってみました。
「常温の揚げ物」の第2回目です。今回はじゃがいもです。
前回は唐揚げでした。油のすごい音にビビりながらでしたが、2回目になると落ちついたもんです♪

じゃがいもを低温で素揚げして、中まで火が通ったらお味噌と砂糖で甘辛く煮ていきます。
とろみがつくまで割と時間がかかったので、もう少し早めに油から出してもよかったかな。
少しお芋さんが軟らかくなりすぎました。

出来上がりはコチラ。



味はよかったですよ。美味しかった♪


つい先日発売された号のレシピです。
この本には好きなコーナーがたくさんありすぎるぐらいあるのですが、つい今さっき編集後記を先に見たら、編集者の松浦弥太郎さんが今回で退任されるとありました。
どうして?どうしてなんだろう(涙)
この本の読者歴としてはそんなに長くないけど、読み始めてからは一度も買わなかったことがありません。
自分のダメダメな部分を正してくれるような気がしたり、こうありたいと思わせてくれたり、知らないことをたくさん知れるし、楽しい随筆もたくさんある。
本が廃刊になるのではないけど、松浦さんが編集者として作られたこの本のファンなので、退任されることが残念で仕方ない(涙)

いつも次号の予告も楽しんで見ているけど、今回はちょっと違って見えました。
巻末に付いているアンケート葉書、一度も書いて送ったことはないけれど、今回は書いてみようかな。
あ〜、さみしいな…。

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://pooh-chann.jugem.jp/trackback/640
Track Back