春の自分服。

 

 生地   …   C&S

 パターン …   fktk

 

春先に着られる服の数が元々少なくて、毎年の悩みの種となっています。

少し前から2枚作って、少しタンスの中の嵩が増したような気がします。

でも、本当はまだまだ足りないというか、作って足したいんですけどねえ。

 

まずはプルオーバータイプのシャツです。

パターンはfktkさんで、C&Sさんの100そうギンガムのブルーを使いました。

ブルーや黒は苦手な色なのですが、白が入ったチェックになるとかなり選びやすくなる気がします♪

 

このパターンは以前同じようなのがあって、後から出た新しい方です。

前のも作って着ていますが、どんな風にどこの部分が違うのか、作ってみたくて仕方ありませんでした。

 

 

吊るしを見るとそんなに違いがないように思えますが、着てみるとあちこち違います。

台衿と衿が以前のよりもシャツに近いです。以前のは台衿の高さが低めで、衿も小さかったですね。

後ろ身頃の中心に3本タックが入っています。これは以前のにはありませんでした。

 

アームホールは新しいこちらの方がゆったりめですが、身幅が少し細い(裾の切替辺り)ように思います。

台衿はそこそこに高さがあるので、次回はスタンドカラーにしてみようかな^^

 

選んだ生地も青と白が爽やかで賢そうに見せてくれる気がします(←大事なポイントです)

この衿は同じくfktkさんのPull opにも使えるそうなので、またこれも作ってみたいパターンです。

 

 

そしてもう1枚。同じくfktkさんとC&Sさんの組み合せで作りました。

 

 

右袖に切り込みタイプの飾りポケットが付いたラグランスリーブのカーディガンです。

ポケットの位置が肘と手首の間なので、布帛でも問題ないかと思って、後ろ見返しもついでに同じ生地で「お知らせ」しました。

きなりの天竺ですが、あまり伸びないことと厚みもあるので、出来るだけ薄く仕上げたかったのです。

 

「中厚手の度詰めを使うとジャケット風になる」というようなことが書かれてあったように思います。

ぴったりの良い天竺でしたが、実はこの天竺を同じ色で2枚持っていたのです。

予約販売期間中に、1回目にした予約をコロッと忘れてしまい、たった1週間の間にまたまた「あ、早く予約しとかなくちゃ」などとアホなことを思い、2回目の予約をしてしまいました。

 

その時に同じこの天竺を選んでしまっていたのです。届いた時には、びっくりするほどの支払い金額。とほほ。

しかも色違いで紺も買っているという…。過去に例のない失態というか、物忘れの酷さというか…。

 

 

裾がラウンドカーブで可愛い♪ 

ニットやストレッチ生地のボタンホールが苦手です。ボタンで隠れるけど、あまりきれいに出来ていない。

合格点内ではあるけど、今後の課題ではありますな。

 

 

組み合せてみました♪ なかなか可愛いくておりこうさんではないですか(←自作は自画自賛で上達すると思ってますよ)

馬布でスカート作って合わせたいなー☆

 

さ、今度は月末のイベントに向けて作ります。少し本業が気が重いことを抱えながらも少し前進しつつあり、気が楽になりました。どっちも頑張ります♪

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://pooh-chann.jugem.jp/trackback/731
Track Back