寒い冬はコタツムリ。

 

 生地   …   きれ屋さんぽぷり

 pattern  …    many drops        

ずいぶん久しぶりの更新となりました。

この冬は本当に寒くて寒くて、なかなか縫い物部屋に行く勇気がなく、初縫いもだらだらとしてしまって、ようやく数日前にワンピースが完成しました。

毎日、コタツと仲良くしすぎています。反省事項としてはとても大きい。だって何も作れない…。

冬の生地も色々と買っているのに、これでは全く嵩が減りそうにもなく、そんなこんなで日だけが過ぎていくと、来シーズンに持ち越すことにもなるし…。

は〜…、大反省だ。

冬の自分の服は困らない程度には現在あるけど、生地を減らすためにももう少し冬服を頑張ろうかな。

でも、やり残した夏休みの宿題を2学期になってもやらないといけないのと同じような残念な気分になるし…。

どうせ縫うなら、ちょっと先の時期に着ようと思えるようなワクワクする縫い物をしたい。

き〜、悩む!

 

前置きが長くなってしまったけど、ようやく完成したワンピースがこちらです。

 

 

生地の柄がぶっ飛んでしまうような光の入り具合だった…。

many dropsさんのヘンリーネックビッグワンピというパターンです。

タイプとしては辛口なシャツワンピだけど、身頃のギャザーや袖の膨らみで甘さもほどよく入っています。

 

 

袖カフスが開きではなく、筒状のカフスを畳んでそれらしく見せるというデザイン。

経験したことなかったので、どんな造りなのかを勉強するために指示通りに作りました。

私が使った生地がコットンリネンウールで、少し厚みもあるせいか、普通のカフスの方が向いていたな…と後から思う。

次回作る機会があったら、生地の厚みと相談して決めると良いでしょう。

 

 

大きくラウンドした裾。このタイプの三つ折りもステッチもかなり慣れてきたと思う。

面倒ではあるけど、「はいはい、そうですか。やりますよ♪」と心に余裕があります。

 

 

いつもなら段付き押さえに頼りますが、普通の押さえで端を約1mmでキープして縫えた。

三つ折りのアイロンも生地がよれたりせずに上手く折り目を付けられた。

こういう時に、長くやってきたことやそのおかげによる上達が嬉しい♪(でも失敗もよくやる)

 

 

そしてお次。こちらは年末に出来ていたパンツです。

 

 

 

生地    …  きれ屋さんぽぷり

pattern  …   Wildberry

 

中畝ぐらいのコーデュロイです。明るく写ったけど、濃いネイビーです。

ポケットはハギレのブロックチェックを使いました。

 

 

裾にゆるくゴムを入れて、バルーンパンツに仕立てています。

 

 

このパターンを使うには厚手の生地だったと思いますが、とにかくあったかいです♪

下に厚手のウールのタイツを履いて、トップスはセーターとかをよく合わせています。

 

年度末に向けて本業が多忙となりそうですが、4月には屋外でのイベントを2つお誘い頂いています。

コタツから抜け出て、時間を上手く使って、春の服をウキウキしながら縫いたい♪

楽しみです^^

 

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://pooh-chann.jugem.jp/trackback/754
Track Back