冬のスカート。

 

生地   …   きれ屋さんぽぷり

パターン …   C&S

この冬はすごく寒いけれど、相変わらずスカートが大好きでよく選んでいます。

気温によってはスースーとして寒く感じることもありますが、ウールの厚手のタイツを数足持っていて、それらの中からスカートの色に合わせるようにしています。

ウールのタイツはとてもあったかいけれど、それでも今年の寒さはこたえます。

そこで、夏物の靴下(スニーカーソックス)をまず穿いて、それからタイツを穿くようにしました。

そうしたら足裏が冷たくないことにこの冬ようやく気付く(やっと今頃)。

高校生女子の生徒に教えてもらいました。

私 「みんな、タイツにローファーだけやと、すごく冷たいんと違うの?」

生徒 「先に靴下を穿いてからタイツがいいよ。そうしたらあったかいし、見える部分はタイツの色だけだし」

私 「ほー♪ みんな賢いねえ♪ 教えてくれてありがとう^^」

 

このアドバイスのおかげで、この冬もスカート率が高くなっています。嬉しい♪

 

 

2月になると寒さは一番厳しいけれど、日差しは明るいし、日も長くなるし、確実に春は近づいていますね。

今回はコーデュロイでスカートを作りました。もう暫くはこれもいけるかな?

中畝ぐらいなので、これから先はフレンチコーデュロイも使えるかな。

 

 

大好きなカーキー色で、C&Sさんのおまけレシピである後ろゴムのタックスカートを作りました。

これで2枚目です。長い方の丈で作っています。

↑は時々若い子ぶりたい時に使うニーソックス?(膝より上まであるやつ)を合わせてみました。

無地のスカートなので、こうやってみてもいいかな。

 

 

 

手持ちの洋服や小物を合わせてみました。

グレーのカーデ、白のシャツブラウス(リネン)、厚手のストール、うさぎのファー付きかごバッグ。

地味な色の服がほとんどなので、小物を派手めにすることが多いです。

このストールも、買った時には赤の色味が派手かなあ?とほんの少し後悔したのですが、もうそんな風にちっとも思っていません。

私そのものが地味な上に、着る服も地味なので、地味の相乗効果が高まりすぎてしまうのです。

だから、少し派手に感じるぐらいの色味も足さないと、野山の色に埋もれてしまう(苦笑)

 

ということで、今年は出来るだけ明るい色の生地も買っていこうと思うのです。

でも地味な色も大好きなので、明るくしたいと思いつつも、きっと春からも地味だろうな。

ドーンっと大胆に変わってみたいものです。←希望は持ってる

 

さ、今日も持ち場で頑張ろう!まずはお昼までは体操に行ってきます!

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://pooh-chann.jugem.jp/trackback/755
Track Back