春のイベントに向けて。



  
    生地   …   きれ屋さんぽぷり
    パターン …   RickRack
昨日はびっくりするほどに暖かい一日で、暖かいというよりも暑いぐらいの日中でした。
こうも一気に季節が進むと、着る物に本当に困ります。あまり手持ちがない時期でもあります。

月末に大仕事があり、「なかなか…」どころではないほどに忙しい日々です。
来月には屋外イベントに2つ出させてもらうつもりなのに、ホンマに縫えません。というのも、忙しい上に、毎年この時期に生地置き場の総入れ替え(秋冬から春夏へ)をするのですが、多すぎてタンスの衣替えとは比較できないほどの労力と気力を要します。
今もドロボーが入って荒らしまくったような縫い物部屋…。
すき間時間にちょっとずつ進めて、あとは使いやすいように春夏生地を区分してタワーのごとく押し入れに積み上げるところまできました。が、まだまだかかりそう…。
そのせいで、すき間産業の縫い物が進まないのです。これはえらいことです、ホンマに。
早く片付けねば…。でも仕事でやることいっぱい…。
時間と体力が欲しいです。

ちょっぴりしかないけど、今日はせっかくの休日だったので、完成している服をご紹介したいと思います^^
(ほんまにちょっとやけど…。しかも簡単な服やけど…。)


 ↑のトリコロールとお色・サイズ違いです

 どちらもコットン100% 天竺ニット


 ドロップショルダーのプルオーバーが
 作ってみたかったので♪

 春はボーダーで始まる気がいつもします。


 トリコロールは size M
      ←は size L
 pattern RickRack







そして、春になるとこれもトップスに使いたくなります。タイプライタークロス。
サラサラとした質感がとても気持ちのよい素材です。いつもぽぷりさんで買いますが、表面の加工がナチュラルですごく気に入っています。色の展開が多いのも嬉しいです。



 こちらはブルーグレー

 ブルーやグリーンは、グレーが入ると
 合わせやすくて着やすいと思います。



 size  free

 pattern mion












   同じタイプライターのチェストナッツ
 というお色です。


 ベージュ〜茶系の中で、私はこの色味が
 とても好きです。
 見ていて惚れ惚れしてしまう。


 










つい先日もぽぷりさんに買い物に行ってきましたが、大きな反で並んでいるタイプライターを見ると、全部連れて帰りたくなります。それぐらい好きなんです。これの白もすごくいい白具合で、白過ぎなくて本当にいいんです。
生地は見てて飽きないというか、ずーっと見ていたい、触ってみたい。そんな対象物です。




二枚並べると、ピーターラビット(笑)




 ドロップショルダーです。

 後ろ裾の方が長くなっています。
 前がすっきりしていて、後ろは安心できる
 優れモノかと思います。

 肩線も少しカーブしていて、可愛らしいです。


 白いパンツを合わせてみたい。
 きれいめにも使える素材です。










春は毎年紫外線と闘いながらも屋外のイベントを楽しみにしています^^ 
屋外は開放的で気持ちいいですね。仕事も趣味も引きこもりタイプで、日ごろ人様とあまり喋らないので、大勢の人が動いてるのを見るだけでも嬉しくなります。
関係のない話だけど、今年は人とよく接して、お友だちを増やしたいと思います。何だか、年をとってくるとこのままではいけないと思うようになった今日この頃。陽の当たる縁側みたいな人になりたいなー。






 



 

スポンサーサイト

こんにちは、お久しぶりです。
生地の衣替え、洋服より大変だよね。
秋冬物の生地は嵩張るし雪崩も起きるし。
ボアとかどうしようかって思うもん(^_^;)

私も春になってドロップスリーブのブラウスを2着縫ったよ。
パターンレーベルさんのを縫いました。
mionさんのパターン、すごく可愛いね。
タイプライタークロスも欲しくなっちゃった。
  • ひくたん
  • 2018/04/25 6:42 AM
ひくたんさん♪お久しぶり!
元気にしてるかな^^
相変わらず、縫ってるでしょ(笑)
年をとってきてしんどさもあるけど、そこそこに楽しんでやってるよ♪

生地の衣替えはほんまにエネルギーが要るわー。
嵩高い物が多いしね。

ブラウス縫ったんだね♪ 見せてもらいたいわ^^
ブラウス一枚で過ごせる時期は、袖のデザインがボリュームがあるのとか、ドロップスリーブが楽しいね♪
タイプライターはさらさらして気持ちいいよ。ぜひぜひ♪
  • まるちゃん
  • 2018/04/27 8:43 AM

It comments.










Track back Url of this Article
http://pooh-chann.jugem.jp/trackback/756
Track Back